【最新情報!】iphone6sのサイズ・デザイン・スペック予想

HOME > iPhone6S最新記事【まとめ】 > 【最新情報!】iphone6sのサイズ・デザイン・スペック予想

iphone6sのサイズ・デザイン・スペックの最新予想

2015年9月に発売が予想されるiphone6sいったいどんな姿で登場するのでしょうか?
まだ公式の発表がない為あくまでも、iphone6Sに関する噂を元にサイズ・デザイン・スペック予想してみたいと思います。

iPhone6sのデザイン

まずは、本体のデザイン。

一貫して、初代iphoneから変更しなかったデザインを前回発売のiphone6で変更しました。

今までのiphoneよりも丸みを帯びたラウンドフォルム。
そして、ディスプレイサイズも大きくなり4.7インチになっています。


元来、apppleはモデルチェンジ、特にデザインにおいては頻繁に変更することはありません。

よって、大きなデザインチェンジがあったiphone6から1年で大きくデザインが変更となることは非常に考えにくいと思います。


問題は、4.7インチのディスプレイ。
画面が大きくなることによって、動画や画像の迫力が増加したことを喜ぶユーザーも多いですが

逆に、使いやすさを重視すると、今までの4インチディスプレイの方が上だと応えるユーザーも多いんです。


その声を反映して、現在のiphone6よりもコンパクトなサイズを用意するというのはかなり信憑性が高い噂だと思います。

しかし、別な情報では、iphone5の時にiphone5sとiphone5cを発売したようにiphone6も6Sと6Cを発売し、廉価版になる6Cの方が4インチのコンパクトサイズiphoneとなるという話です。

iphone6sで、一番機能面で飛躍的な変化が期待できるのはカメラでしょう。

現在のiphoneのカメラの画素数は、800万画素。
800万画素以上は不要といわんばかりにこの画素数に固定されています。

しかし、今回iphone6plusのディスプレイがフルHD。
フルHDのディスプレイで800万画素の写真は・・・って感じになっちゃいますよね。

iphone6sのディスプレイもフルHDになる可能性が高い

当然、今回のiphone6sのディスプレイもフルHDになる可能性がかなり高いです。
よって、フルHDに見合った性能のカメラを搭載するのでは?と言われています。

予想されるのは1200万画素。今のカメラの1.5倍ですね。

iphone6、とくにiphone6plusにおいて問題となったディスプレイの変形しやすさ
これにも何らかの手を加えてくることは確かでしょう。

以前から噂されている、超硬度のサファイアガラスを採用するのでは?という話もありましたがこれは、今回のiphone6Sには採用されることはないとの見方が大きいです。

感圧タッチも採用される可能性が高い

applewatchに採用されている感圧タッチも採用される可能性が高いです。

感圧タッチというのは、触れる指のディスプレイを押す強さによって、様々な操作性が得られることです。

感圧タッチのみならず、iphone6sは先に発売されたapplewatchとの連携にも非常に力を入れられているのではないか?と思います。

サイト更新日 2015-09-10